音楽

2011年10月24日 (月)

マッキ~(叫)

行ってまいりました。

槇原敬之ライブツアー「Heart to Heart」.

Hi380183_2

今回はなんと18年ぶりに岐阜にやってくるということで、長良川国際会議場の回に行ってきました。いつもは名古屋の会場に行くんですが、家からも近いですしね。

会場についてみると、びっくり~。入り口には会場入りを待つ長蛇の列。

なんといっても2年ぶりのツアーですからね~。みんな楽しみにしていたんだな~。う~ん、待ちきれない!!!(浮き足立っているの自分だけ!?)

Hi380184_2

会場に入ると・・・。

こちら、マッキー人形がお出迎え。

皆さん、携帯付きカメラでパシャパシャ。本当は会場内ではカメラ禁止なんでしょうけれども、ここだけは係員さんも見逃してくれていました。私も皆さんの列に入って激写っす。

さて、コンサート開始、前奏からマッキーがすきなケルティックなメロディーがバリバリ。鳥肌たっちゃいました。1曲目が始まると総立ち状態です。

全部で21曲(私の頼りない記憶が正しければですが・・・)

3月11日の大震災の印象はマッキーの楽曲にも色濃く影響を与えていて、震災に対する祈りやメッセージが表されていた2時間30分でした。

そして、マッキーの詩や曲の大きなテーマとなっている「感謝」は今回も健在。頭から最後までとても暖かい一時でした。

来年も必ず、ツアーやってくださいね!!

マッキ~(叫)

今日もありがとうございます!



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月 9日 (水)

3月9日

今日は3月9日。

10代、20代の若者(私は30代の中古物?)に大人気なのがロックグループ、レミオロメンの「3月9日」という楽曲。

最近では卒業式の定番ソングとして大人気なんだそうです。

レミオロメン自体は知っていたんですが、よく知らなかった曲なので、聞いてみました。

結果・・・。

良い。

レミオロメンの哀愁あるメロディーに透明感を感じられる詩。そして聞き終わった後に感じるせつなさとあたたかさ。若者に人気があるのもうなづけました。いや~、おじさんも青春を思い出すぜ!! 

・・・。

で、そのレミオロメンのメンバーが、なんと出身高校の校歌を作成したとのこと。在校生の熱い要望に応えたのだそうです。在校生は入学式を校歌で迎えられ、卒業式で3月9日で送られるという、素敵な音楽に囲まれた学園生活になるんですね。

入学希望者も増えるのでは?

今日もありがとうございます!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月21日 (月)

KAN

さてさて昨日の音楽話の続きになるんですが、先日、BS放送でKANさんのライブ番組を放送していました。BSってそういったちょっとマニアック(!?)な内容の放送をしてくれるのが良いところ…。
翻って、KANさん!やはり「愛は勝つ」。今、聞いても名曲です。音楽のすごいところは、その曲を聞いていた頃を思い出させてくれること…。今回も学生時代のことをふと思い出したりしました。あぁ、なんかセンチメンタル…。一人でいっちゃってます(笑)
KANさんはここ数年、フランスにも留学されていたそうです。今までの音楽に新たな要素が加えられるんでしょうね!
フランスとは関係ありませんが、他にも「東京ライフ」「1989」などの曲もオススメです。

今日もありがとうございます!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月20日 (日)

福笑い

ラジオで素敵な曲に出会えました。

高橋優さんの「福笑い」。

東京メトロのイメージソングにもなっているようで、人を想い、愛する気持ちが込められていて、とても元気になれる曲です。

「きっとこの世界の共通言語は英語じゃなくて笑顔だと思う」大サビの歌詞もぐっと胸にきます。爽やかな歌声で、ストレートに感情を表現されています。

高橋さんの曲はNHKの話題のアニメ「バクマン」のエンディングテーマにも採用されているようですし、きっとこれから一気に人気が出てくるのでは???

「福笑い」を聞いていると、いかにも爽やかお兄さんのフォークシンガーという印象だったのですが、「こどものうた」という、いかにもかわいらしい題名の曲では、混沌とした社会に対するメッセージを鬼気迫るパフォーマンスと歌詞で歌い上げていて、そのギャップに頭をハンマーでガツンと殴られたような衝撃を受けました。

高橋優さん、ぜひぜひチェックしてみてください。

今日もありがとうございます!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年1月24日 (月)

トイレの神様

昨日の紅白話のついでに・・・(年末の話ばかりで恐縮です(笑))

「トイレの神様」、良い曲ですね~。

「どうしてだろう?人は人を傷つけ、大切なものをなくしてく・・・」

みんな分かっていつつも人を傷つけてしまう、そのことに気付けたらきっと人と人との関係もガラッと変わるのかも。

紅白での植村花菜さんの心のこもった熱唱、特に大サビは鳥肌がたつくらいに心に染み入ってきました。

人の心に訴えかけられるものが、歌でも商品でも何に関してでも、きっと必要なんですね。

今日もありがとうございます!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月23日 (日)

祈り

昨年末のNHK紅白歌合戦。

戦争に関する曲が2つ、歌われました。

ひとつはクミコさんが歌う「INORI ~祈り~」。

被爆した少女が希望を託して千羽鶴を折った情景を歌い上げた曲です。

私は紅白で初めて聞いたのですが、そのときすでに話題になっていた曲なんですね。

少女の生への渇望や戦争の残酷性が語られる素晴らしい曲だと思いました。

今、聞きなおしても泣けます。

また、クミコさんの歌唱力が特筆ものです。下積み生活が長いながらも、ずっと歌い続けてこられた筋金入りのベテラン。う~ん、継続は力・・・。思い知らされます。

そしてもう1曲がHYの「時をこえ」。同じ年代(いや、もっと若いか・・・(笑))が戦争のことを伝えなくてはと、責任感を持って歌う曲。これも泣けます(泣いてばかりですが・・・)。

このように若い世代が前の戦争を忘れ去ることなく、後に伝えていこうと努力すれば、二度と馬鹿げた戦争は起きない、と信じたいですね。

この2曲、BBCの番組制作者にぜひとも聞いて欲しい曲です。そうすればお笑い番組で戦争を取り上げられるような感覚はなくなるんじゃないかなと、期待しています!

今日もありがとうございます!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月27日 (水)

どんなときも

どんなときも~、どんなときも~、といえば槇原敬之、マッキーの名曲「どんなときも」。

たくさんのアーティストにカバーされていますが、今度はあの!杏さんがカバー。

森永ミルクキャラメルのCMでも流れていますね。

杏さんのゆったりとしたボーカルで一味違ったテイストになっています。

ただ、やはり・・・。オリジナルにはかなわないんだよなぁ~。

やっぱマッキー、いいっす(笑)

それにしても杏さんの後ろに渡辺謙さんの面影を見てしまうのは私だけ???

今日もありがとうございます!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月10日 (火)

ニューアルバム

一月前の発売になりますが、槇原敬之のニューアルバム「不安の中に手を突っ込んで」が発売になりました。

Hi380047_4 一月経った今でも、我が家ではヘビーローテーションの真っ最中です。(妻や娘はうんざりぎみ!?ですが・・・)

マッキーの相手を思う気持ちや、今を大事に過ごす想い、そしてすがすがしくやわらかいメロディーに癒されたり、勇気付けられたりしています。

う~ん、彼の音楽に出会ってから20年かぁ、あっという間でした。

これからの20年、振り返って、何もしていないのにあっという間だった、と後悔することのないよう気を引き締めよう。

次の20年、傍らにはマッキーの曲があるんだろうなぁ(笑)

今日もありがとうございます!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月 8日 (火)

SEAMO

先日の飲み会、久しぶりに、本当に数年ぶりにカラオケをしました。

そこで最近はまっているSEAMOに挑戦!歌うは「My ANSWER」。

しかし、ラップはリズムが早い・・・。歌詞についていけず玉砕でした(笑)やはり、聞くのが一番!?

「今、出来なくても焦らないで慌てないで 君のマイペースで自分信じてゆっくり行けばいい」

最高に心に来る曲なので、いつかマスターしよう!!滑舌の訓練や(笑)

今日もありがとうございます!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月13日 (金)

槇原敬之

一番好きな音楽は?と聞かれたら、迷わずすぐに槇原敬之、マッキー!と答えます(笑)

それくらい自分の半生でいつもとなりにあった音楽でした。

一番好きな曲はかの有名な「どんなときも。」

「世界にひとつだけの花」ではないところがオールドファンっぽくないですか(笑)もちろん「世界にー」も名曲です。

あの哀愁を帯びたメロディーライン、そしてやさしい言葉たちが並ぶ歌詞、すべてがいつも私の生活を支えてきてくれました。本当に自分の人生観に影響を与えています。いつもマッキーのように人の幸せを考え、生きていければ良いなって。

そんなマッキーもデビュー20周年!そりゃ自分も中年になりますよ(笑)

良いものは求められ続ける。はやりすたりが激しいこの世の中でこれほど長く愛され続けるのも、彼の魅力・実力を証明しているのではないかと思います。

ビジネスも同じ。はやりも良いけど、いつまでもたくさんの方に幸せを届けられる、そんなビジネスがお客様からも支持され、愛され続けるのですね。

私もそんなビジネスをいつか花咲かせよう!と思います。そしてどんなときも、お客様に笑顔を届けられるように!!

それにしても浪人時代、友人の女の子から、「槇原なんて、なよなよして、負け犬の歌だ!負け原敬之だ!!」なんて言われていたな・・・。それにしても・・・。

うまいこと言うもんですな(笑)

今日もありがとうございます!

| | コメント (2) | トラックバック (0)