« 今日もガチャマン | トップページ | 感謝感謝 »

2011年2月 9日 (水)

八百長

日本の国技、相撲界を揺るがす八百長問題。

先日、テレビで有識者が「スポーツには完全に公正なことなどありえない。例えばサッカーのアジアカップでは、審判が同じ地域のチームの試合をジャッジする際には、そのチームに有利な判定をすることもある。大相撲でもそういったことがあってもおかしくない。」

それを聞いて違和感を覚えました。

その論理を当てはめるならば「行司がひいきの力士に有利になるような判定をする、しない」ということで、行司の問題のお話ではないでしょうか。

今回は力士達が自分たちの勝敗星を金銭や星の貸し借りなどをしていたことが問題です。力士の責任はもちろんのこと、純粋に大相撲を楽しみにするファンに対する裏切りという点で重大な問題だと思います。

しかし、ファンも目が肥えていますから、大相撲自体を興業として捉えていて、マスコミが騒ぐほどショックを受けている人は少ないかも、しれませんね。

不祥事続きの角界ですが、そんな中でも未来の横綱を目指して、部屋に入門する若者がいるというニュースを目にしました。久々に明るいニュースですし、大相撲界の大人たちは、子供たちの夢を摘んでしまうような事は今後起こさないよう、改革を進めて欲しいと思います!

今日もありがとうございます!

|

« 今日もガチャマン | トップページ | 感謝感謝 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1285643/38807756

この記事へのトラックバック一覧です: 八百長:

« 今日もガチャマン | トップページ | 感謝感謝 »