« 公共の電波で | トップページ | トイレの神様 »

2011年1月23日 (日)

祈り

昨年末のNHK紅白歌合戦。

戦争に関する曲が2つ、歌われました。

ひとつはクミコさんが歌う「INORI ~祈り~」。

被爆した少女が希望を託して千羽鶴を折った情景を歌い上げた曲です。

私は紅白で初めて聞いたのですが、そのときすでに話題になっていた曲なんですね。

少女の生への渇望や戦争の残酷性が語られる素晴らしい曲だと思いました。

今、聞きなおしても泣けます。

また、クミコさんの歌唱力が特筆ものです。下積み生活が長いながらも、ずっと歌い続けてこられた筋金入りのベテラン。う~ん、継続は力・・・。思い知らされます。

そしてもう1曲がHYの「時をこえ」。同じ年代(いや、もっと若いか・・・(笑))が戦争のことを伝えなくてはと、責任感を持って歌う曲。これも泣けます(泣いてばかりですが・・・)。

このように若い世代が前の戦争を忘れ去ることなく、後に伝えていこうと努力すれば、二度と馬鹿げた戦争は起きない、と信じたいですね。

この2曲、BBCの番組制作者にぜひとも聞いて欲しい曲です。そうすればお笑い番組で戦争を取り上げられるような感覚はなくなるんじゃないかなと、期待しています!

今日もありがとうございます!

|

« 公共の電波で | トップページ | トイレの神様 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1285643/38583940

この記事へのトラックバック一覧です: 祈り:

« 公共の電波で | トップページ | トイレの神様 »