« あかつき | トップページ | 進行方向 »

2010年12月 9日 (木)

そうか、君は課長になったのか。

東レ経営研究所社長・佐々木常夫さんが書かれた「そうか、君は課長になったのか。」を読みました。

私も後輩たちを指導していかなければいけないようなお年頃・・・となってしまい、タイトルに惹かれて読んでみました。

目標設定や心の持ちようなど、精神論的な内容かと思っていたのですが、さすが酸いも甘いもかみ分けた社長が書いた本。当たり障りのない訓示に終わらず、上司との人間関係の作り方や活用の仕方など、避けては通れないテーマもビシッと持論を展開して、権謀術数に長けた一面を感じさせられました。

また、佐々木さんは家庭では自閉症の息子や奥様がうつ病にかかるなど、いろいろな事を経験されているとのこと。正直言うと、その経験なども書かれているのだろうと期待していたのですが、まったく触れていませんでした。他にも著書があり、そちらに詳しいとの事。がっかりもしましたが、それも潔く、気持ち良くも感じました。最近では同じ人が何冊も本を出しても、あの本に書いてあったなぁということが少なくないので。

本の中表紙に書いてある「部下を動かすのはスキルではない。部下の心を動かす、君の高い「志」だ」という言葉。課長だけでなく、働く人、すべてに当てはまるような気がします。

今日もありがとうございます!

|

« あかつき | トップページ | 進行方向 »

読書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1285643/38020136

この記事へのトラックバック一覧です: そうか、君は課長になったのか。:

« あかつき | トップページ | 進行方向 »