« 伸ばす | トップページ | 発明 »

2010年10月24日 (日)

気にするな

弘兼憲史さんの「気にするな」を読んだ。

私にとって、弘兼さんといえば、やはり「島耕作」。こんなバリバリ働くビジネスマンは格好良いなぁ・・・なんて、課長島耕作の頃から思っていて、そんな作品の舞台裏が見られるとあって、興味津々でした。

作品の舞台裏から意図、そして著者の生い立ち、物の考え方まで、語られていて、人物の一端がよくわかる作品。

キャラクターの島耕作自身も物事にあまり執着しない性格で描かれていますが、著書を読んでいると、弘兼さんご自身も一歩引いた立場から物事を冷静に見て分析するようなタイプのような感じが読んで取れました。

何よりも人生はすべて自分の選択で進んでいくもので責任は自らにある、という考え方。そしてなるようにしかならない。だからこそ過ぎたことに「気にするな」という考え方をされるようです。

なんとなく突き放すような物言いのようにも取れますが、実はそれが声を出さずにそっと語られる人に対しての応援歌のようにも捉えられるのです。

今日もありがとうございます!

|

« 伸ばす | トップページ | 発明 »

読書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1285643/37377524

この記事へのトラックバック一覧です: 気にするな:

« 伸ばす | トップページ | 発明 »